インデックス
園だより
園の特色 園の紹介 入園あんない 園の概要 リンク お問い合わせ
 Home > 入園案内 > 入園までの準備

※満3歳での成長の目安です。
成長に応じて個人差がありますから、入園までに必ずできていなければならないということではありません。

  入園前、身につけておいてほしいことは、排尿・排便が言葉で言える、服を脱がなくてもできる、用便後の始末ができることなどです。焦らず、少しずつ自分でできるようにしていきましょう。
  園生活の中では、衣服を着たり脱いだりする場面がたくさんあります。上着だけでなく、下着も取り替えることもあります。先生がいつも手を貸してあげるわけにはいかないので、早くできなくても、一人で順序よくできるようにしましょう。暑さ寒さの調節も自分で気づくことが大切です。
  早寝・早起きの習慣づけをしましょう。幼児は、約11時間の睡眠が必要といわれています。日中、体を十分に動かして遊ばせれば、自然に早く眠るようになります。早寝・早起きのリズムができれば、登園前にゆっくり時間がとれて、楽しい一日のスタートができます。
  園では、友達と一緒に食事をします。園生活の中でも楽しみな時間ですが、食べながら歩き回る、ふざける、食べ散らかす…ではよくありません。家庭で毎日決まった時間に、ほどよい時間で食べ終わることができるように、食事のしつけをしてください。
  歯の正しい発育のためには、歯磨きはとても大切な生活習慣です。食後に歯磨きをする習慣を身につけましょう。歯磨きは、健康のしつけの基本です。

  簡単なことで軽視されがちですが、健康管理の基本です。よく見れば、水で濡らしただけということはありませんか。お母さんと一緒に、急がずゆっくり、丁寧に繰り返す指導をお願いします。

  園生活という新しい環境に慣れるまでは、時間がかかるものです。自分の意志を言葉で伝えられないために、園生活が苦痛になっては大変です。自分の言いたいことが、家庭以外の人にも言えるように、言葉のやりとりの豊富な生活を普段から心がけましょう。

  園では毎日のように落とし物があります。誰の物か、本人にもわからないのです。弁別能力といって、自分の持ち物を他と区別できる能力は、知能の発達におおいに関係しているといわれています。自分の持ち物が増えるこの時期、かわいい自分のマークなどをつけて、持ち物への愛着を育てましょう。

  交通ルールがあるから守るのではなく、自分で自分の安全を守るためという意識をもてるようにしましょう。園生活により、子どもの行動範囲も大きく広がります。日頃から、親がしっかり見本を示すことが大切です。


 
Copyright(C)2005-2009 Momijigaoka Kindergarten All Rights Reserved.